理学療法(PT:physical therapy)



 理学療法は、主に体幹・下肢の機能障害に対して治療し、もとの生活に近づけるように、
退院する場所に合わせて身体や環境づくりを行っています。

 整形疾患の患者様には、徒手療法(ストレッチ・マッサージ等)や物理療法(温熱・電気
療法)を用いて、硬くなった筋や関節を柔らかくし痛みを緩和します。また運動療法(筋力
訓練・動作訓練等)により身体機能の改善を図り、安定した寝返り・起き上がり・起立・歩
行動作や日常生活動作を獲得します。手術目的により入院される患者様には、術前から
リハビリ介入し術後早期からの身体機能向上を図ります。

 脳血管疾患の患者様には、麻痺などにより難しくなった座位や歩行、生活動作などの
再獲得・向上を目指し、動作の練習などを行っています。

 長期入院による廃用症候群(関節拘縮、筋力低下等の症状)の患者様には、運動療法
を行う事で筋力や体力の向上を目指していきます。



|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|